おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

サトシのアローラの手持ちの戦績

f:id:otsk_poke:20191129212749j:image

 

歴代のサトシの手持ち、ピカチュウ、ライバルの戦績まとめはコチラ

 

評価基準

Sランク:トップクラス

Aランク:とても強い

Bランク:強い

Cランク:普通

Dランク:少し弱い

Eランク:弱い

適当に考えて付けてるだけなので批判は受け付けてません。まあ考え方は人それぞれということで。

 

勝敗の基準

  1. トレーナー戦のみを計算(試練を除く)
  2. 試練は公式戦として扱う
  3. ロケット団スカル団などの恒例戦は除く
  4. 不戦勝、不戦敗、不正が働いた試合、中断試合、未決着、不確定要素のある未描写試合、第三者介入試合などは無効試合となる
  5. 勝率に引き分けは含まない

 

ピカチュウ

f:id:otsk_poke:20191130061523j:image

技:10まんボルトでんこうせっかアイアンテール、エレキネット

戦績:16勝2敗1分  全体勝率:88.8%

公式戦:14勝1分  公式戦勝率:100%

非公式戦:2勝2敗  非公式戦勝率:50%

SM9話 デカグース(メレメレ島試練)◎

SM9話 ぬしデカグース(メレメレ島試練)◎

SM10話 ハリテヤマ(ハラ)◎

SM30話 オドリドリ(ジェイムズ)◎ *1

SM43話 メガギャラドス(カスミ)◎

SM76話 ミミッキュ(ムサシ)◎

SM100話 ゼラオラ(ディア)×

SM101話 ゼラオラ(ディア)ー

SM104話 ゴルーグ(ハプウ

SM109話 バンバドロ(ハプウ)◎

SM115話 グソクムシャ(グズマ)ー

SM129話 ウソッキー(トレーナー)◎

SM129話 ニョロボン(トレーナー)◎

SM129話 オニシズクモ(トレーナー)◎

SM129話 ギャラドス(トレーナー)◎

SM129話 エアームド(トレーナー)◎

SM129話 ブロスター(トレーナー)◎

SM137話 グソクムシャ(グズマ)◎

SM138話 シルヴァディ(グラジオ)◎

SM139話 ゾロアーク(グラジオ)△

SM144話 カプ・コケコ(ククイ博士)◎

  • 評価:Sランク

公式戦無敗の男、ピカチュウ。バトルロイヤル151では6タテ、相性の最悪のバンバドロや強敵であるグズマグソクムシャメガシンカポケモンであるメガギャラドスを打ち倒して、グラジオ戦ではシルヴァディゾロアークを撃破するなどピカチュウ最強伝説が始まっている。

最終的には守り神でもあるカプ・コケコすらも倒す実力を付けた。

ピカチュウの強さは基本振れ幅大きいけど今作は常にAランクぐらいはあって、1000万ボルトよ火力でどんな強敵も粉砕出来るというイメージ。相手の強さによったピカチュウの強さが跳ね上がるのはAG、DPでもそうだったが今回の場合常に強い上に急激に強くなることがあるのでSランク評価。

新しくエレキネットを覚え、これが防御捕獲の他にも設置してピカチュウの機動力を上げたりも出来る。その上でZワザというわざスペースを消費しない必殺技があるので強いのも納得。

  1. * 使用者リーリエ

 

モクロー

f:id:otsk_poke:20191209104950j:image

技:ブレイブバード、たねばくだん、はっぱカッター、フェザーダンス

戦績:8勝4敗 全体勝率:66.6%

公式戦:6勝2敗  公式戦勝率:75%

非公式戦:2勝2敗  非公式戦勝率:50%

SM8話オドリドリ(ジェイムズ)×

SM9話ヤングース(メレメレ島試練)◎

SM9話ぬしデカグース(メレメレ島試練)×

SM10話マケンカニ(ハラ)◎

SM35話ポワルン(アーカラ島試練)◎

SM36話ダイノーズ(ライチ)◎

SM97話フクスロー(ハウ)×

SM97話フクスロー(ハウ)◎

SM118話クリムガンジヘッド(リュウキ)◎

SM133話ジュナイパー(ハウ)◎

SM142話ウォーグル(ククイ博士)◎

SM142話フシギバナ(ククイ博士)×

  • 評価:Dランク

メレメレ試練、アーカラ試練、アーカラ大試練、リュウキ戦などダブルバトルでよく選出される。アーカラ試練ではニャビーの代わりに自ら攻撃を受けたりサポート能力に長けている印象。

エキシビションマッチでのククイウォーグルとの戦闘ではルガルガンがダメージを与えていた場所をピンポイントで狙い撃破するなどモクロー独自の判断能力や高さが光っていた。しかし素の力はそんなに高くなく普通にやられることもしばしば。

素の力こそそこまで高くないが一貫して判断能力が高いシーンは度々描写されている為、判断能力だけで言えばサトシポケの中では一番かもしれない。

戦い方はたねばくだん、はっぱカッターの中距離攻撃を絡めながらブレイブバードで相手にダメージを与えることが多い。またフェザーダンスによる技の回避も出来る模様。

 

ガオガエン

f:id:otsk_poke:20191209105004j:image

技:だいもんじニトロチャージ、ほのおのキバ、リベンジ

戦績:6勝3敗1分 全体勝率:66.6%

公式戦:3勝1敗1分  公式戦勝率:75%

非公式戦:3勝2敗  非公式戦勝率:60%

SM35話ぬしラランテス(アーカラ島試練)◎

SM63話ガオガエン(ロイヤルマスク)×

SM63話ガオガエン(ロイヤルマスク)×

SM81話ブーバーン(マッドブーバー)◎

SM81話エレキブル(ミスターエレク)◎

SM125話ニャビー(ガオ)◎

SM136話ハッサム(グズマ)◎

SM137話グソクムシャ(グズマ

SM142話フシギバナ(ククイ博士)◎

SM143話ガオガエン(ククイ博士)△

戦績なし

  • 評価:Cランク

大試練出場回数ゼロなニャヒートくん。ちなみにCランク評価なのはニャヒートであってガオガエンではないです(そもそも戦ってないし)

その上ライバルはククイ博士のガオガエンというSMサトシのポケモンのライバル役の中では間違いなく最強のポケモン

具体的にはメガボスゴドラを瞬殺するぐらいククイガオガエンは強い。

ブラストニャヒートならめちゃくちゃ強いが素のニャヒートは恐らくこのぐらいで、やはりグズマグソクムシャ相手にある程度粘ったのが印象的。

リーグベスト8以降となると相手のエースポケモンに食らいつけるポケモンはかなり少ないので必要最低限の強さは持っていると思われる。

ちなみに143話のガオガエン戦はその後すぐにニャヒートも戦闘不能と審判長ハラに言われたのとフルバトルの途中というのもあり引き分け扱い。

戦い方はニトロチャージで素早さを上げてから軽い身のこなしで相手の懐に飛び込みリベンジやほのおのキバを決めるスタイル。ポニ島でのカキ戦では火力の低さに悩まされていたがだいもんじも習得してそれも解決。

ガオガエンになるとスピードは落ちるだろうから今現在のスタイルは全然別物かもしれない。

 

ルガルガン

f:id:otsk_poke:20191209105015j:image

技:ストーンエッジ、アクセルロック、カウンター、かみつく

戦績:7勝4敗 全体勝率:63.6%

公式戦:5勝1敗  公式戦勝率:83.3%

非公式戦:2勝3敗  非公式戦勝率:40%

SM19話ドロバンコ(ヒロキ)◎

SM36話ルガルガン(ライチ)◎

SM47話タイプ:ヌル(グラジオ

SM74話ワルビアル(クチナシ

SM77話ワルビアル(クチナシ)◎

SM77話ヤミラミ(クチナシ)◎

SM77話アローラペルシアン(クチナシ)◎

SM105話ルガルガン(グラジオ

SM139話ルガルガン(グラジオ)◎

SM142話ウォーグル(ククイ博士)×

SM145話リザードン(カキ)◎

  • 評価:Aランク

サン&ムーンシリーズのエースであるルガルガン

島キングのポケモンを三タテするぐらい強い。三タテといえばアニポケ内ではそんなに多くないのでこれだけでもかなり強い部類といえる。

勝戦ではグラジオのエースの一匹まよなかのすがたのルガルガンを撃破。

大試練ではピカチュウと半々で島キング、島クイーンのエースポケモンを倒す活躍をする。

またククイウォーグルには敗北してしまったが過去にグソクムシャを倒す程の強さを持っているのでそんなにマイナスな評価にはならないだろう。

あと耐久が歴代のサトシの手持ちの中でもかなり凄まじく、個人的にはトップ3に入ると言っても過言ではない。

戦い方はストーンエッジで相手をコントロールしながら近付いてくる相手には持ち前の耐久力を活かしてカウンターを決めることが多い。ストーンエッジが地面から突出する技なので飛行タイプに強い岩タイプでありながら岩技が当てにくい。

 

メルメタル

f:id:otsk_poke:20191209105019j:image

技:ラスターカノン、ダブルパンツァー、かたくなる、ずつき

戦績:3勝2敗 全体勝率:60%

公式戦:2勝2敗  公式戦勝率:50%

非公式戦:1勝0敗  非公式戦勝率:100%

  • メルタン

SM118話クリムガンジヘッド(リュウキ)◎

SM130話スリーパー(ザオボー)◎

  • メルメタル

SM138話シルヴァディ(グラジオ

SM142話エンペルト(ククイ博士)◎

SM142話ガオガエン(ククイ博士)×

  • 評価:Bランク

負けた試合がどちらも超強敵。それ以外は圧勝している。

シルヴァディに何度か攻撃を当てて大ダメージを与えたいたり、エンペルト戦では鋼の体を活かして水を弾きたりエンペルトを軽々と吹き飛ばしていたりと腕っぷしだけなら間違いなくトップクラス。

ガオガエン戦はタイプ相性も強さも技構成も不利だったので仕方ない。

強敵に負けるか圧勝かの二択なので少し分かりづらい強さをしている。

戦い方は持ち前のパワーで相手を圧倒するスタイルでラスターカノンやダブルパンツァーがまともに当たれば一撃で倒すことも多くザオボーのスリーパーやククイエンペルトなどもこの高火力の前に敗れた。

分かりやすい長所を持っているがグラジオ戦を見る限りまだ進化したてなのでスタミナに不安があるみたい。

余談だけどサトシがアローラにまた行った時はメルメタル連れてキョダイマックスして欲しい。…… 多分しないと思うけど。

 

アーゴヨン

f:id:otsk_poke:20191209105042j:image

技:ヘドロばくだん、シザークロス、りゅうのはどう10まんボルト

戦績:1勝1敗 全体勝率:50%

公式戦:1勝1敗  公式戦勝率:50%

戦績なし

SM143話 ルカリオ(ククイ博士)◎

SM144話 カプ・コケコ(ククイ博士)✕

  • 評価:Aランク

エキシビションマッチの決戦前夜にやってきたアーゴヨンさん。

ベベノム時代は超可愛い。ククイ博士のルカリオを討ち果たす。

またカプ・コケコとの超速バトルは必見。マジで目に追えない速さをしている。俺でなきゃ見逃しちゃうね。

こんなに伝説ポケモンとガンガンやれるポケモンピカチュウリザードンぐらいでさすがはウルトラビーストと言ったところか。戦闘経験もない上、進化して間もないというのにこの強さ。恐ろしい。

けどジュカインとかと違って負けは負けなのでAランク。

戦い方はスピードを活かしてシザークロスで攻めることも多いが中距離技も豊富。シザークロスは防御されてもその針の先からヘドロばくだんを放出出来るので迂闊に受け止めることが出来ないのはアーゴヨンの強み。

 

総評

f:id:otsk_poke:20200520213136j:image

  • 総合評価:Aランク
  • 評価点数:4.16

 

歴代トップクラスに強いピカチュウ、エースのルガルガンウルトラビーストアーゴヨン、幻ポケモンのメルメタル!

こんなメンツで弱いはずもなく…… 歴代のサトシの手持ちでもかなり強い部類に。

突出して強いのはピカチュウぐらいで他の世代のエースに比べてイマイチ物足りないけど全体のアベレージは高いというイメージ。

どうでもいいけどニャヒートガオガエンに進化せず、サトシママに引き取られる展開を妄想してました。

 

珍しい姿をしたルガルガンウルトラビースト幻のポケモンと今までと比べて異色のパーティですがこれはこれで面白いですね。